デボラ・クロンビー 『警視の哀歌』2018/02/28



ダンカンは職場復帰する目度が立たないまま、育児休暇を取り主夫をしています。
悲惨な事件後、引き取ったシャーロットが分離不安をかかえており、保育園にあずけられないからです。
自分はいつ職場に戻れるのかと、焦りを感じるダンカンでした。

一方、職場復帰を果たしたジェマは新しい事件を担当します。
ホテルで近くに住む弁護士が全裸で縛られ、猿轡をされて殺されていたのです。
彼はその夜、パブでギタリストと喧嘩しているのが目撃されていました。
そのギタリストは貧しい少年時代を過ごし、やっと日の目が当たるかという時でした。
その直後、またもや彼と因縁の深い弁護士が同じ手口で殺されます。
ダンカンたちの知り合いが彼のマネジメントをしていることがわかり、ダンカンはジェマの許しを得て、彼らに会いにいきます。

次回はダンカンの育児明けの仕事の話です。
息子たちがだんだん大きくなり、むずかしい年頃になってきます。
養子のシャーロットも大きくなると親の事件のことを知り、どうなるのかわからないですよね。
彼らがこれから起こる事件に関係しなければいいのですが。




ボールを咥え、舌を出し、ポーズを取る弟。
ボールで兄と一緒に遊んで欲しいのに、いつもこうやってボールを一人占めしちゃうので、いつもママが相手をしないとだめです。
全く面倒です。


一方兄は、ママが相手をしてくれないとわかると、こうやってふてくされて寝ています。
手がかからなくていいです。

『フードワゴン・ミステリー 死を呼ぶカニグラタン』2018/02/27

手術をした首の傷跡もだんだん癒えてきています。
が、今度は肩こりや筋肉痛(?)らしきものと傷に貼っていた絆創膏が肌に悪かったらしく、かぶれてます(泣)。
そういえば、頸椎症で湿布にかぶれてえらいことになったっけ。
私って皮膚が弱いのね。



新しいコージーミステリ・シリーズです。

グルメ記者担当をしていたダーシーは経営なんから突然首を言い渡され、仕方なく叔母がやっているフードワゴンを手伝うことにしました。
グルメ記者だったら自分で料理をしそうなのに、ダーシーはもっぱら食べることしかしないようです。

「カニとシーフード・フェスティバル」のための用意をしていたら、フードワゴンのみんなから嫌われているレストラン経営者が殺され、叔母さんが彼のレストランにこっそりとしのびこんでいたことがわかります。
警察からは疑われている叔母さんの無実を証明するためにダーシーは犯人を見つけようとします。

美味しそうなカニ料理が表紙からわかりますね。
でも、内容はたいしたことないです。
どこにでもあるコージーミステリの二番煎じという感じです。

ジャナ・デリオン 『ワニの町に来たスパイ』2018/01/26

気温が低い日が続いている為か、凍っている道が多く、犬の散歩は気をつけなければなりません。
犬は凍っている地面が嫌らしく、絶対に歩こうとしません。
ママも滑って転ぶのが嫌なので、結局大きい道しか歩けません。
庭は雪が積もったままです。
日曜日にでもパパに雪かきをしてもらいたいのですが、スコップがないので解けるのをじっと待つしかありません。
雪国に育ったものからすれば、大した雪ではないのですがね。


新シリーズのドタバタ、ユーモア、コージーミステリです。

CIA秘密工作員のフォーチュンは潜入任務で暴れすぎ、敵から命を狙われることとなり、ルイジアナの小さな町に別人となって潜伏することとなります。
大人しく過ごそうと思っていたにもかかわらず、町に着いた時から保安官助手に睨まれ、家の裏の川で人骨を見つけてしまい、近所に住む、町を牛耳る老女二人に焚き付けられて人骨事件の真相を追及するはめになります。

CIA秘密工作員なのにフォーチュンはお婆さんたちに負けてます。
彼女たちの正体を知ると、なるほどと思えましたがね。
それにしてもバナナプディングごときに熱狂するおばあさんたちにはびっくり。
ルイジアナはバナナプディングが美味しい州だったっけ?

三人がこれから何をやらかすか、ちょっと心配ですが、アメリカでは人気のシリーズらしく10冊も出版されています。
ということは、フォーチュンはいつまで潜伏しているのかしらねぇ。

アリ・ブランドン 『書店猫ハムレットのうたた寝』2018/01/24



昨日は虐待に思われるような写真を載せてしまったので、今日は室内の写真にしました。
今回の雪で、わが家の犬たちは雪が嫌いなようで、絶対に雪の上にはいかないことが判明しました。
和犬たちが楽しそうに雪と戯れる姿がうらやましいです。
柴犬を飼えばよかった・・・かな?

私の風邪もひどくならず、喉の痛みもおさまりました。
ひどい咳は、「職場環境の悪さ+ストレス+身体の疲れ」から来ていたようです。
咳喘息を疑っていたのですが、違うようです。
よかったわ。
どちらがいいかというと、免疫力が落ちて咳がでるよりも目が赤くなる方が、私的には楽でいいですもの。
もちろん、どっちもない方がいいですが。


かわいい黒猫、ハムレットが登場するミステリです。

ニューヨークの<ペティストーンズ・ファイン・ブックス>のオーナー、ダーラが企画する地域のお祭りが近づきました。
地域全体が協力するということは難しく、最後まで参加費を出し渋るコーヒー・ショップ店主や、ギリギリに演奏を断ってきたバンドなどがいましたが、なんとかお祭りは無事に終わりました。
しかし、お祭りの次の日、コーヒー・ショップの店主の妻が死体で見つかり、せっかくのお祭りも台無しに。
殺人事件だけでもショックなのに、友達以上の関係になりそうだったリース刑事が幼馴染と婚約したことを知り、心乱れるダーラでした。

ハムレットはハーネスをつけてお散歩するんですね。
犬だけが散歩するのは昔で今は猫もお散歩する世の中になってきたようです。

日本でもカフェを併設する書店が増えてきていますね。
公立図書館もそうなって欲しいと思いますが、場所が狭いので無理かしら。

残念ながらハムレットのシリーズも後1冊。
最後はどう終わるのか、楽しみです。
やっぱりドーラとリース刑事はハッピーエンド?

ビル・ビバリー 『東の果て、夜へ』2018/01/23

夫はホテルに泊まり、家は犬とママしかいませんでした。
朝、道はすべりそうなので、外出禁止令が出ており、仕方ないので犬たちを一匹ずつ庭に出しました。
しかし・・・。


「ママさん、冷たい、冷たすぎる。僕は冷たくて動けません」 by 兄犬。

雪の中に脚が埋まり、動けない?、動こうとしない?兄犬。


「ママ、昨日もボク動けませんでしたよね。それなのになんでまたこんなことするの・・・。ボク、泣いちゃう」 by 弟犬。

こちらもダメでした。
雪国に育っていないので、どう動いたらいのかわからないようです。
北海道に養子に出そうかと思っていましたが、冬は外に出られないようなので、諦めますわ。



書評でよさそうな本だったので読んでみました。

ロサンジェルスで麻薬の密売所の見張り役のリーダーをやっていた十五歳のイーストは、警察のガサ入れを仲間にうまく知らせることができず、仕事を失います。
その見返りとして組織のボスから言い渡されたのは、三千キロ離れたウィスコンシンにいる黒人判事を殺すことでした。
飛行機では足がつくので、三人の仲間と車でウィスコンシンまで行くことになります。

ロスから出たことがなかった彼らが初めて見るロス以外の街。
やがて仲間割れが起こり・・・。

イーストはどのような人生を歩んでいくのか。
最後まで救いの見えない小説でした。
それがアメリカの底辺に生きることなのかもしれませんね。