『書店猫ハムレットの休日』―書店猫ハムレット・シリーズ第三弾2017/03/29

昨日のドライブで疲れたらしく、犬たちは大人しくお眠りをしています。
いつもは早く散歩に行こうとうるさいのにね。
しばらく寝ていてね。ママも疲れました。
ママがのんびりできるのも、今のうちですから。


ニューヨークの書店でマスコット猫をしているハムレットは、空手大会に出た飼い主のダーラの動きの真似をしている動画がネットで話題になり、空手キャットとして一躍有名猫になりました。
そのため、全米キャット・ショーに特別ゲストとして招かれることになりました。
ちょうとその期間に書店内にカフェ・スペースを作る予定があったため、工事の間にハムレットが居ない方がいいということで、ダーラは店子で探偵をしている友人のジェイクにハムレットの護衛を頼み、一緒にフロリダへと行くことにします。

キャット・ショーで注目されることにハムレットはまんざらではなさそうでしたが、彼の動画を編集し、ショーでお披露目している間に、誘拐されてしまいます。
必至で探すドーラとジェイク。
ハムレットが見つかりホッとしたのもつかの間、またまた殺人事件に巻き込まれてしまいます。

極寒のニューヨークから温暖なフロリダへと舞台は変わり、ハムレットは活躍できるのでしょうか。

キャット・ショーやドッグ・ショーに行ったことはありませんが、本を読んでいるとなんとなく雰囲気がわかります。
家の犬にほぼ毎日ブラッシングと歯磨きをしていますが、大変です。
それなのにショーに出させるために色々とするなんて、その熱意がすごいですね。
私にはできませんわ。

カフェ・スペースができて、ハムレットはどんな反応をしめすのか、次作が楽しみです。
猫、飼いたい・・・(心の声)。

『警視の挑戦』―警視キンケイド・シリーズ2017/02/24

本を読みすぎてしまい、また眼精疲労と頭痛がでてしまいました。
鍼で治そうと思ったら、もっとひどくなってしまいました。
好転反応?


目が痛くなっても読みたいのが、このシリーズです。
もう9作目になるのかな?

キンケイド警視とジェマ・ジェイムズ警部補はやっと結婚し、英国国教会の司祭である親友でいとこのウィニーたちに招かれ、三回目の結婚式をあげました。
その帰り道に、ロンドン警視庁の女性警部でボートでオリンピック出場を狙っていた女性の遺体がテムズ川で見つかり、キンケイドは急遽現場へ行かなければならなくなりました。

キンケイドとジェマは犯罪被害者の遺児であるシャーロットを引取り、育てています。
シャーロットが新しい環境になれ、保育所に預けられるようになるまで、交互に育児休暇を取ることにしていました。
来週からはキンケイドの番でした。

ボートのコーチ、前夫、ボート仲間・・・と話を聞いていきますが、なかなか犯人は見つかりません。
しかし、調べていくとある警察幹部の存在が・・・。

育児休暇中のジェマの助けを借り、キンケイドは真相へと迫っていきます。

日本ではボート競技は一般的ではないのですが、イギリスでは伝統があります。
オックスフォート大学とケンブリッジ大学が競う試合に出場することは大変な栄誉であり、その中でも”ブルー”の称号が与えられるのが最高の栄誉なのだそうです。
イギリスの校外でボートを漕ぐのは気持ちがよさそうですよね。

表紙にあるように、今回は救助犬が大活躍します。
救助犬はハンドラーの言うことをよく聞きますが、我家の駄犬(兄犬)は夫が帰宅しても夫のもとへと走っていきません。
テーブルの下に行っては食べ物が落ちてないか確かめ、パソコン部屋や洗面所に行ってはクンクン匂いを嗅ぎ、私があっちと声をかけると私の方へ来ます。
まだ弟犬はいい方で、駆けて夫のところへと行きます。


テニスボールがお気に入りで、なかなか離そうとしません。
口にくわえて逃げまくります(恥)。
躾をしなくては・・・。

キンケイド家も子どもが大きくなると、今度は子どもが犯罪に巻き込まれたりするのかしら?
結構やんちゃっぽいので心配です。
次も楽しみなシリーズです。

『アジアン・ティーは上海の館で』―お茶と探偵162017/02/17

胃の調子が悪くなってから紅茶ばかり飲んでいます。
がんの手術をした友人も手術後しばらくコーヒーが飲めなくなったと言っていました。
コーヒーと紅茶のどの成分のせいでしょうか。


「お茶と探偵」シリーズも16巻目になります。
出てくるお茶とスウィーツ、開催されるお茶会が楽しみで読んでいます。
この頃、どのコージーミステリを読んでも思うのですが、主人公たちの進んで殺人事件に首を突っ込むと言う習性がだんだん嫌になってきています。
シリーズの最初はたまたま殺人事件に巻き込まれて仕方なく事件に関係したのに、シリーズ化してしまうとそうならざるをえないのでしょうが。

さて、今回の事件は<インディゴ・ティーショップ>のオーナー、セオドシアの恋人でギブズ美術館広報部長のマックスが殺人事件に巻き込まれてしまいます。

ギブズ美術館で上海から移設した茶館のお披露目会が開催されました。
マックスがこのプロジェクトに関わったことからセオドシアも参加するのですが、彼女は彼が設置した写真ボックスで死体を見つけてしまいます。
殺されたのは茶館のために多額の寄付金を出した人でした。
この事件の後、マックスは館長から解雇を言い渡されてしまい、セオドシアは恋人のために容疑を晴らそうとします。

季節はハローウィン。
というわけで、開催されたお茶会は2つ。
「タイタニックのお茶会」と「ロンドン塔のお茶会」です。
ハローウィンとどう関係があるのと疑問に思った方はハローウィンはどういうものか考えてみるといいでしょう。
メニューは涎が出そうです。
「ロンドン塔のお茶会」のを載せておきましょうか。

王冠のスコーン、アン・ブーリン風イチゴのチョコフォンデュ、キャラウェイシード入りのパンにハニーハムとイングリッシュマスタードをはさんだティーサンドイッチとブラウンブレッドにスモークサーモンとクリームサンドをはさんだティーサンドイッチ。
デザートはチャツネ入りクロワッサンとヴィクトリア・スポンジケーキ。
紅茶はレディ・ジェーン・グレイとばら戦争。

いつも思いますが、こういうティーショップがあれば・・・。

セオドシアの愛犬、アール・グレイはいやいやながら仮装してマラソン大会に参加しています。
犬って本質的に被り物が嫌いなようです。

コーヒーをあまり飲まなくなってからコーヒー専門店でカフェオレとクッキーを頂きました。


カップから溢れるぐらいたっぷりと入れてくれました。
ここのカフェオレはミルクがほどよく泡立っており、コーヒーも苦みが少なく、私には飲みやすいです。

E・J・コッパーマン 『150歳の依頼人』2017/01/17

犬たちと散歩していると、「〇〇さん」という声がしました。
自転車に乗った女性が近づいてきたので見てみると、前の職場でたまに手伝いに来てくれていた方でした。
彼女によると妊娠していた人は調子が悪くて早くに産休に入り、非常勤の人は旦那さんの仕事の都合で広島に帰るのだそうです。
人間関係があまりいいとは言えない職場でしたが、人が変わると雰囲気も変わるでしょうから、良い方へと変わるといいのですが・・・。



離婚後、故郷の町にある古い屋敷を買い、ゲストハウスにしたアリソンは、屋敷で起きる心霊現象を目玉にして、ツアー客を受け入れることになりました。
実はこのゲストハウスには男女2人の幽霊がいるのです。
彼らに一日2回、心霊現象を起こしてもらい、その代わりとしてアリソンは探偵だった幽霊ポールの願いを叶え、探偵業務をやることになっています。

ツアー客が到着するという日に、ポールが探偵の依頼を受けたと言いだします。
依頼主はスコットという150歳になるという盲目の幽霊。
彼は誰かわからない人から廃墟になったホテルに行き、海賊の恰好をしてある女性を脅かして欲しいという依頼にこたえ、そこにあったおもちゃの剣を振り回した時、何かに当たった音がしたので、自分がその婦人を殺したのではないかと心配になり、彼女が生きているかどうか調べて欲しいというのです。

到着したツアー客の相手をしている時に、今度はリアリティ番組のプロデューサーが現れ、番組の撮影にゲストハウスを使わせてくれないかと言い始めます。
いいお金になるので、しぶしぶ引き受けたアリソンですが、それからゲストハウスは大変なことになります。
幽霊の人捜しで知り合った女性が降霊会で殺されるてしまうのです。
容疑者は降霊会に出席していたツアー客とテレビスタッフ全員。
アリソンはポールの助けをかりて、犯人を探し始めます。

なんとまあ、意外な犯人でした。
これからもこの線でいくのかしら?
ミステリというよりも・・・。

『死ぬまでにやりたいことリスト1 真夜中の女子会で事件発生!』2017/01/10



どうです、この耳?
ますますミッキー犬になっちゃった?



”Bucket List(死ぬまでにやりたいことリスト)”って映画『最高の人生の見つけ方』にでていたものですよね。

仲よし女性5人組が60歳になった記念にそれぞれに「死ぬまでにやりたいことリスト」を作りました。
年齢に合わせて60個も!
12年かけて達成していったのですが、まだまだ残りはあります。
そのうちの一つが、「素っ裸で泳ぐパーティ」。
真昼間にそんなことできないわということで、真夜中に密かに行おうとしていたら、なんとまあ、死体を見つけちゃったんです。
それからの5人組は大変。
「裸で泳ぐおばあちゃんたち」ということで、おもしろおかしくマスコミに取り上げられてしまいます。
ところがそれに乗じて、自分のリストのひとつを叶えようとする人もいて・・・。
元看護師のフランシーンは友人たちの暴走を抑えるのにてんてこ舞い。
リストに「殺人事件を解決すること」と書いた人もいて、おばあちゃんがたは捜査を始めてしまいます。

アメリカのご老人は本当に元気です。
見習わなくては。

『最高の人生の見つけ方』を見た時にも思ったのですが、私もBucket Listを作りたいものです。
でも、彼女たちのように60個もないですわ。
ひょっとしたら10個もなかったりして・・・。
ちょっとエネルギーが枯渇しているようです。
エネルギーチャージしなくっちゃ。