インドリダソン 『湖の男』2017/10/08



アイスランド・ミステリ。
レイキャヴィク警察の犯罪捜査官エーレンデュルが主人公のシリーズの4作目。

干上がった湖の底から白骨が見つかった。
頭蓋骨には穴が開いていて、何者かに殺害されたようだった。
白骨にはロシア製の壊れた盗聴器が結び付けられていた。
一体誰なのか。
ロシアとどういう関係があるのか。
エーレンデュルたちが捜査を任される。
捜査しているうちに三十年前に行方不明になっていたある男にいきあたる。

ひょっこり現れたエーレンデュルの息子は彼に何を求めているのでしょうか。
娘は相変わらずで、エーレンデュルも愛想をつかしています。
彼は未だに行方不明になった弟のことが忘れられず、その後悔から失踪者を探さずにはいられないようです。

冷戦時代のアイスランドとロシア、そしてドイツの歴史が大きく関係しています。
インドリダソンの本を読むたびに登場人物たちの生きざまに想いをはせます。



珍しく夫がランチを付き合ってくれました。
チキンというので、鳥ももがドーンと出てくると思ったら、残念、オープンサンドイッチでした(笑)。


ラグナル・ヨナソン 『雪盲』2017/10/05



アイスランド・ミステリです。

警察学校を終えた新人警察官アリ=ソウルはレイキャヴィークに恋人を残し、雪深いアイスランド北端の小さな町、シグルフィヨルズルの警察署へと赴任していきます。
町は閉鎖的で、よそ者は何年経とうがよそ者。
上司は家に鍵をかける奴はいない。この町では何も起きないと言います。
しかし、赴任してから二ヶ月後に、有名な老作家が劇場の階段から転落して死亡します。
上司は事故として扱おうとしますが、アリ=ソウルは何者かに突き落とされたのではないかと疑います。
そして、その後、雪の中で半裸の女性が倒れているという通報が。
その女性は血まみれで病院に運ばれますが、瀕死の重傷で命の保証はないとのこと。
上司や同僚の助けを借りずに、アリ=ソウルは己の勘だけを頼りに捜査を勧めていきます。

雪に埋もれていく閉鎖感ってものすごいものでしょうね。
北海道の雪はそれほど積ることはなかったのですが、屋根から落ちる雪で台所の窓が埋まっていたのを思い出しました。
家全体が雪で埋まってしまうなんて・・・。
一人でそんな家にいると耐え切れずに魂が彷徨い出したりして・・・。

アメリカとは違う北欧ミステリ、おもしろいです。


『アガサ・レーズンと禁断の惚れ薬』―英国ちいさな村の謎92017/09/22



なんかこのシリーズをよむたびに、アガサがかわいそうになってきます。
バリバリのキャリア・ウーマンだったのに、引退してしまうと典型的な未婚女性になっているんですもの。
男がいないことで自分を卑下する暇があったら、他のわくわくすることを見つけりゃいいのにと思うのですが。

前回の事件で髪の毛を失ったアガサは、元通りになるまでさびれた海辺のリゾート、ワイカーデンに滞在することにしました。
アガサが予約したガーデン・ホテルはヴィクトリア時代調のホテルで、他の宿泊客はすべて年配でホテル暮らしており、夜になるとスクラブルをしているという感じです。
アガサは一人でパブに行ってみたり、地元の魔女のところに行ってみたりします。
パブではジムという刑事に出会いダンスパーティに誘われ、魔女からは毛生え薬と惚れ薬を手に入れました。
惚れ薬はジムに使ってみることにします。

アガサの行くところに殺人あり。
魔女のところから帰ると、昨夜のダンスパーティに着て行ったミンクのコートが引き裂かれ、赤いペンキがぶちまけられていました。
頭にきたアガサは魔女がやったのだと思い、よせばいいのに真夜中に魔女のところに怒鳴り込みにいきました。
ところが、魔女はベッドの上で殺されていたのです。
アガサは犯人を捜そうとしますが、宿泊客たちはアガサの前では殺人について話そうとはしません。
犯人を見つけるために宿泊客と仲良くしようと努力するアガサでした。

そろそろアガサにいい人が現れてもいいのにと思います。
次は占い師に言われたノーフォークに行くらしいです。
かわいそうなアガサ。
また占い師に騙されたのね(笑)。

R・D・ウィングフィールド 『フロスト始末』2017/09/18



デントン署の半数は麻薬がらみの事件に駆り出され、残ったフロスト警部たちは大忙し。
強姦・脅迫・失踪と事件が次々と起こります。
フロストは足りない人員のなか、眠る暇もなく、事件に立ち向かいますが、署長のマレットは新たに着任したスキナー主任警部と組み、フロストをよその署に異動させようと目論んでいました。
スキナーは肝心な時にどこかに雲隠れするのに、犯人検挙かというところで仕事を横取りするようなとんでもない野郎です。
そんな時にとうとうフロストがしてきたガソリン代などの経費の領収書の改ざんがばれてしまい、異動の同意書にサインさせられてしまいます。
フロスト、大ピンチ!

なんとも下品なフロストですが、意外と憎めない人なのです。
彼は子供が被害者になる事件が大嫌い。
それほどきれる頭ではない(失礼)のですが、たとえ違法なことであろうが、彼がこれだと思ったらやっちゃいます。
事件がこんがらがっちゃって、結末のつけかたが今ひとつ納得できませんでしたが、フロストの推理の過程を読むものじゃないので、まあ、こんなもんでしょう。

残念なことに作者のウィングフィールドさんはお亡くなりになってしまったので、シリーズの続きはないようです。
フロストがこの後どうなったのか、知りたいところですが。

クルプフル&コブル 『大鎌殺人と収穫の秋』2017/09/16

ミルク殺人と憂鬱な夏』に続く、中年警部クルフティンガー・シリーズ第二弾。


バイエルン地方の平和な田舎町に殺人事件が起きます。
死体の首は大鎌でバッサリ切られていました。
死体一体でも十分なのに、もう一体見つかってしまい、クルフティンガーは大忙し。
それなのに、ついていない彼。
前回は妻との旅ができず、今回は家の浴室の水道管が壊れてしまい、家の中は水浸し。
家にはいられないので、ホテルにでも泊まろうかなどと思っていたら、奥方が勝手に友人の医師の家にお世話になることにしてしまいます。
実はクルフティンガーは彼が大嫌い。
奥方は知ってか知らずか、クルフティンガーの嫌がることをやります。

混迷を極める事件と家庭生活をどう乗り切りのか、クルフティンガー。

ちょっとかわったドイツのミステリです。
ビールを飲みながら読むのもよさそうですね。



夜、見るたびに笑わせてくれる兄犬。
このまま熟睡か、と思っていると・・・。
私が寝ようと思って部屋を見てみると、ちゃんと起きてきます。
この頃、ベッドの三分の二を占領されています(笑)。
見ていると、横向きになって堂々と寝ています。
いつも体のどこかをママの体にくっつけておきたいようです。
お尻を向けてくるのは困ります。
弟も一緒に寝たいようですが、彼は落ち着きがなく、ばっちいし、たぶん兄が許さないでしょうから、一人で寝てもらっています。
だんだんと犬に甘くなっています。