M・C・ビートン 『アガサ・レーズンの不運な原稿』2018/07/21

暑い日が続いていますね。
暑さに弱い私は夏バテで胃腸の調子が悪い上に血圧が100台なので怠く、外に出かける気力もなく、犬と一緒に引き籠りの生活をしています。
犬が寝ている傍で本を読んでいるのって極楽です(笑)。


かわいそうに、アガサは隣に住むジェームズのことが忘れられず、未練を断ち切るために、やけくそで適当に引越し先を決めてしまいました。
ノーフォークのフライファムというところです。
猫二匹と一緒に行ってみると、「男に捨てられた女」というレッテルをつけられる始末。
頭にきたアガサは探偵小説を書くために来たんだと嘘をつきます。
しかし、その嘘がとんでもないことに。
村のお屋敷の夫婦をモデルにして小説を書き始めたのですが、なんと、彼女の書いた手口でお屋敷の主人が殺されてしまったのです。
たまたまアガサに話を聞きに来た警部にそれを読まれてしまい、一躍アガサは容疑者になってしまいます。
遊びに来ていた準男爵のチャールズはアガサと一緒に犯人捜しを始めます。

この本を読むと、イギリスの地方の村に住むのは躊躇します。
詮索好きの女性たちと閉鎖的な村が嫌ですもの。
クリスティの時代から変わっていない感じがしますが、実際はどうなのかしら?

巻末に若きアガサを描いた「アガサ・レーズンの初めての事件」が収録されています。
初々しいアガサも時が経つにつれ、たくましくなっていったのね。
彼女のタカピーなところは、弱さを隠すためだったようです。

予測できないラストでした。
29冊もアガサ・シリーズは出版されているとのことですが、10冊目でこれですから、この後、どうなるのか・・・。

ローラ・チャイルズ 『オレンジ・ペコの奇妙なお茶会』―お茶と探偵182018/07/01




<インディゴ・ティーショップ>のオーナー、セオドシア・ブラウニングは、ティー・ブレンダ―のドレイトンと一緒に”チャールストンのネズミのお茶会”に招かれました。
それはとっても変わったお茶会で、使用人たちはみなネズミに扮しています。
75年前に大流行したお茶会なのだそうです。
お茶会を開催したのは裕福な慈善活動家のドリーンでしたが、なんと、彼女の夫のボーが、オレンジ・ペコを飲んだ後に倒れて亡くなってしまいました。

次の日、セオドシアはドレイトンからドリーンの力になってくれないかと言われます。
つまり、ボーの殺害事件を解決してほしいというのです。
実は交換条件があり、解決するとドレイトンが理事をしているヘリテッジ協会にドリーンが多額の寄付をしてくれるというのです。
ドレイトンのため、セオドシアは引き受けることにします。

このシリーズはお茶と美味しい料理に騙されていましたが、出てくる人たちは場所柄でしょうが、どちらかと言えば金持ちの傲慢な人たちで、読んでいると気分が悪くなります。
もう18巻目ですから、マンネリ化してますし。
マンネリ打破のためかセオドシアに新しいボーイフレンドが現れます。
そういえば、ティドウェル刑事はどこへ行ったのかしら?

”ネズミのお茶会”には行きたくないですが、”ポンパドゥール夫人のお茶会”と”キャンドルライトのお茶会”には是非とも参加させていただきたいものです。

”キャンドルライトのお茶会”のメニュー
ザリガニ料理(ダージリン)
サーモンとアスパラガスのタルトとチェダーチーズのスコーン(アール・グレイ・ティー)
ビーフ・ブルギニョン(雲南紅茶)
ティプシーケーキ

ザリガニは日本ではあまり食べませんが、美味しいのかしら?
ビーフ・ブルギニョンとは牛肉の赤ワイン煮込みのことです。
ティプシーケーキはワインやブランデーにつけたスポンジケーキにカスタードクリームやアーモンドスライスをのせたケーキです。
キャンドルライトの中で食べると、実際よりも美味しく感じるのでしょうね。
どこかティーショップに行きたくなりました。

レイ・ペリー 『ガイコツは眠らず捜査する』2018/06/30

兄犬は相変わらず、ママのところにいたいらしく、今朝から脱走してます。
今はパソコンの前に居座り、ママの邪魔をしています(笑)。


ガイコツ・シリーズの第二弾。
一作目で自分の死の真相を突き止めたガイコツのシドですが、全く昔の記憶は戻りません。
戻らなくても問題なく、大学講師のジョージアと高校生の娘、マディソンの二人と暮らし続けています。

そんなある日、高校で演劇をやっているマディソンが、今度ハムレットをやるので、シドを参加させてほしいといいだします。
しぶしぶOKを出したジョージア。
シドの頭蓋骨だけをボーリング用バッグに入れ、マディソンが学校に持っていくことになります。
最初は上手く行っていたのですが、シドを持って帰って来れない日があり、シドは学校で一夜を過ごすことになってしまいます。
次の日、回収されたシドが、何者かが殺人を犯す音を聞いたと言いだします。
調べても、そんな事件は報道されておらず、匿名で警察に知らせるのですが、何も見つからず、シドを信じるジョージアは独自に調べ始めることにします。

普通の幽霊は自分の死の真相がわかったら、あの世へと旅立つのですが、アメリカのガイコツは日本とは違うのですね。
あ、ガイコツは幽霊とは違うからですか・・・?
読みながら、ガイコツは便利そうねと思い始めた私です(笑)。
なにしろ寝なくても食べなくてもいいからお金がかからないし、バラバラにして持ち運びができるもの。
犬よりもいいかも(笑)。

兄犬はキーボードを打っている私の指をなめ、今や目の前で寝始めました。
非常に邪魔です。
キーボードの置き場所がないので、膝の上に置いてます。
猫が邪魔をするというのは聞いたことがありますが、犬も邪魔するんですね。
家の犬は猫気質なのかしら?

レイ・ペリー 『ガイコツと探偵をする方法』2018/06/23



非常勤の大学講師の職を得て、故郷の街に帰ってきたジョージア。
大学教授の両親がいない間、彼らの家を借り、娘と一緒に暮らし始めます。
その家の屋根裏部屋には幼馴染の親友、シドがいます。
実はシドは「歩いて喋る骸骨」でした。
シドは人間だった時の記憶は全くなかったのですが、オタクの娘についていった先で見覚えのある女性と遭遇しました。
このことをきっかけに、ジョージアとシドは二人でシドの前世を調べることにします。
しかし、その女性が何者かに殺されてしまいます。
さて、二人はシドの前世を知ることができるでしょうか。

日本もそうかもしれませんが、終身雇用の資格のない大学の講師って大変なんですね。
読んでいるとかわいそうになってきます。
でも、話は明るく、楽しく、後味はいいですよ。
ただし、あなたが骸骨がしゃべって、動いて、読書をし、パソコンすることに違和感を感じないのならね(笑)。

エマ・ジェイムソン 『第九代ウェルグレイヴ男爵の捜査録』2018/05/12

湿気のせいで、手術の傷跡が痛みます。
スクーリングでノートを書き写していたせいか、久しぶりに首がこり過ぎました。
鍼のセンセイに心配なので、またすぐに来なさいと言われてしまいました。
(いつもは2週間置きです)
梅雨をどう乗り切ろうかと考え中です(泣)。



イギリスの由緒ある男爵家の生まれで、ロンドン警視庁に務めるヘザリッジ警視正は還暦を前に、自分の人生の区切りとして引退も考え始めていました。
彼はいつもレディファーストを忘れず、身だしなみに気をつけ、たまにタキシード姿で捜査に当たり(パーティに出ていて呼び出されたのよ)、署内の朝食は伝統的英国風というダンディさ(素敵だわ)。
そんな彼が、31歳のはねっ返り娘、若き部長刑事・ケイトに心を惹かれてしまいます。
たまたま高級住宅街で富豪が撲殺されるという事件が起き、ケイトと一緒に捜査に乗り出すこととなります。

バリバリのミステリを期待してはいけません。
女子の好きな貴族のお話+ミステリ+ロマンスですよ。
第二話からヘザリッジ卿とケイトのロマンスはどうなるのか、彼らにインド系のバハールがどう絡むのかが楽しみです。

英国貴族が好きな方、どうぞお楽しみ下さい。