原田マハ 『アノニム』2017/08/14



「アノニム」とは、盗まれた美術品を取り戻し、修復、鑑定をした後に元の持ち主に返すという活動を行っている集団のこと。

本の最初にイラスト付きの人物紹介があってびっくりしました。
今後のメディアミックスを視野に入れての試みでしょうか。(そのようです)

「アノニム」が今回目をつけたのが、ジャクソン・ポロックの幻の傑作「ナンバー・ゼロ」。
ポロックは20世紀のアメリカの画家で、抽象表現主義の代表と言われており、アクション・ペインティングで有名です。
絵はこんなんです。

               「No.1」(1948年)

アクション・ペインティングとは「顔料を紙やキャンパスに垂らしたり、飛び散らせたり、汚しつけたりするような絵画の様式」。

これが絵と言えるのかどうか。
子どものいたずらとも思えるような絵ですね。

「アノニム」たちは<ゼウス>を陥れるために、「ナンバー・ゼロ」の持ち主を説得し、サザビーズ香港のオークションにこの絵を持ち込むことにします。
「ナンバー・ゼロ」は大きすぎて、盗むには不適切なため、この作品がほしい<ゼウス>はオークションに参加することにします。

一方、香港のアーティスト志望の高校生・張英才に「アノニム」からコンタクトがありました。
「たった一枚の絵で、世界を変えてみないかい」と。

さて、「アノニム」たちは<ゼウス>の鼻を明かすことができるのでしょうか。
張は世界を変えられるのでしょうか。

残念ながら、最初はこの世界に入ることができませんでした。
マハさんによると史実が10%、フィクションが90%というのが今までの作品で、今回は100%フィクション、『アート版ルパン三世』ですって。
10%の史実がおもしろかったのですがね。
それでも我慢して読んでいると、この物語のクライマックスのオークション場面からおもしろくなりだしました。
が、あっけなく終わってしまいました。
「アノニム」たちの活動はこれからも続くようなのですが、『アート版ルパン三世』にしたいのなら、もっとハラハラドキドキが続くような場面を多くして書いて欲しいですね。
私は今までの史実10%・フィクション90%の方が好きですが。



昨夜、ふたたび見てみると、今度は古い方のベッドでへそ出しをしていました(笑)。
ベッドが暑くなったので、移動したのでしょうか?

髙田郁 『あきない世傳金と銀 四 貫流篇』2017/08/12

アムロジンを追加してからも、なかなか血圧が上140以下に下がりませんでしたが、昨日から110台になってきました。
おかげで体がだるくて、動く気にならず(いつもかな)、天候も悪いこともあり、家に引きこもっています。
仕事も週四日の予定ですが、来週までは週三日にして体を慣らすことにしています。
が、やはり疲れるらしく、今朝、左目が赤くなって、色のついためやにが出ています。
急遽抗菌剤をつけて様子を見ています。
私は冬よりも夏の方が感染症に罹りやすいみたいです。



楽しみなシリーズの新刊です。

大阪天満の呉服商「五鈴屋」の四代目と五代目店主に嫁いだ幸ですが、ある事件をきかけに五代目店主の惣次が出奔し、店には二度と戻らず隠居する、六代目を弟の智蔵に譲る、幸とは離縁すると言ってきます。
智蔵は浮世草子の書き手になるために家を出ていました。
智蔵は夢をあきらめて家を継ぐのか、幸は離縁されたらどうなるのか。
智蔵とお家さんの富久は意外な決断をします。

女である身ながら商いの道を志す幸は運命に翻弄されながらも、ただ一筋、自分の信念に基づき進んでいきます。

前に立ちはだかる試練を次々と乗り越えて行き、最後に大きい花を咲かせるのはわかってはいても、ドキドキしながら読んでいます。
男はどうしようもないですね(笑)。

碧野圭 『書店ガール 6 遅れてきた客』2017/08/11



彩加が取手の駅中書店をまかされてから1年半。
やっと軌道にのってきたと思っていたところ、会社の経営体制が変わり、取手店は閉店することになってしまいます。
ここまで頑張ってやってきたのにと、綾加は落ち込み、三日も仕事を休む始末。
バイトの子たちには閉店の一カ月前にしか閉店することを言えません。
彼らに気づかれないように閉店準備をする綾加でした。

そんな頃、綾加のところに、憎からず思っている大田英司から連絡があり、東京で会うことになります。
彼は沼津駅前にある綾加のおばの書店の隣でトルコパンの店を開いていました。
近々彼が借りていたビルが建てなおすことになり出なければならなくなり困っていたら、おばに書店を畳むから、そこでパン屋をやったらどうかと言われたというのです。
東京で妹の結婚のための顔合わせがあったついでに、彩加が沼津に戻り、書店をやる気があるかどうかを確かめに来たのでした。

一方、編集者の伸光は、担当作品『銅と銀の雨が降る』の漫画化とアニメ化が決まり、喜んでいましたが、決まったら決まったらで、相手側の担当と上手くいかず、悩む毎日でした。
ある日、会社で血を吐いてしまい、入院することに・・・。

二人はどうこの危機を乗り切るのでしょうか。

メディアミックスという言葉がいつから使われだしたのか知りませんが、原作を小説、漫画、アニメ、映画、ゲーム、音楽CD、テレビドラマなど複数のメディアを通して展開しながら売上増を図るというのが当たり前になっているんですね。
本だけでは売り上げが大したことがない時代ですものねぇ。

「ビブリオマンシー」という言葉を初めて聞きました。
書物占いのことで、パッと開いたページの言葉がその時、その人に必要な言葉であるとされているそうです。
オラクルカードを一枚引くというのと似てますね。今度、書いてあった占い用の本を買ってやってみようかしら。

目についた言葉を載せておきます。

「『世界はあなたのためにはない』、でも、だからこそ自分を大事にしなければならないんですね。この冷たい世界で生きていくために」
「会社の論理は会社の論理。それがいつも正しいとは限らない」
「『世界はあなたのためにはない』というなら、私は私の論理で生きたい」
「世界の扉が閉じているなら、自分の手でその扉をこじ開けたい。それもひとりではなくふたりでやるなら、重い扉も開くかもしれない」

綾加の人生はこれから。
次は新しい人生に飛び込んでいった綾加が見られるかもしれませんね。

西條奈加 『まるまるの毬』2017/08/10

期待していた某病院から電話がきました。
一般病棟には認知症では入れないそうです。
残念です。

一方、近くのホスピスで緩和ケア外来の診察ができることになりました。
この診察の結果を元に、入棟を判断するのだそうです。
認知症だと拒否される可能性があるのかしら・・・。
来週は大学病院から紹介された病院を含め3軒の病院へ、家族で手分けして行きます。


毬は「まり」ではなく「いが」と読みます。

元武士の治兵衛は、抜群の記憶力を持つ娘、お永と孫のお君と三人で、菓子舗「南星屋」を営んでいました。
「南星屋」では治兵衛が若い頃に全国を巡って覚えた銘菓を日替わりで作り、手ごろな値段で売っていました。

ある日、作ったお菓子が門外不出のカステーラと同じものだと平戸藩に疑われ、大変なことになりますが、治兵衛の機転で罪を逃れられます。

実は治兵衛には人には言えない出生の秘密がありました。
この秘密が後にお君につらい思いをさせることになります。

どんなにまっとうに暮らしていても、それをやっかむ輩がいて、人を貶めようとするなんて嫌な世の中ですねぇ。
でも、幸せか不幸せかは心の持ちよう。
どんな状態にいようが、そこに幸福を見つけられれば、その人は幸せなのです。

心がほんわかするお話です。

荻原浩 『海の見える理髪店』2017/07/30

学校が夏休みになったせいか、日中の電車は妙に混んでいます。
この前、観光に来た外国人男性が、電車に乗ってきた御老人に席を譲っていました。
その譲り方もスマートで、躊躇することなくすっと立って、「どうぞ」というような感じで、譲られた方も笑顔で、「ありがとう」と日本語でおっしゃって座りました。
日本の若者もこういう風にできるといいですね。



直木賞受賞作だというので読んでみました。
短編集だったのは予想外でした。
6つのお話が載っています。
どの話が好きかは分かれるかもしれませんね。
私の好みは最後の「成人式」です。

娘が交通事故で亡くなってから五年。
郵便で成人式用の振袖のカタログが送られてきました。
娘のことを極力考えないようにしているのに、心がえぐられるような瞬間でした。

父親である私は夜中に妻が寝た後、秘かに娘の部屋で、娘の映ったDVDを見ていました。
それを妻に見つかり、話し合った二人は、成人式に娘の代わりに出ることにします。
もちろん、私も妻も成人式の衣装を着てです。
さて、二人は成人式に無事に出られたでしょうか。

アラフィフの男女が、成人式用の振袖を着て袴をはくだけでも笑っちゃうのに、成人式まで行くなんて、勇気あると思います。
それだけ娘を失った悲しみが深いのでしょうね。

荻原さんの作品は他にも何冊か読んでいるのですが、受賞作よりも他の作品の方がおもしろかったですね。



一暴れした後の兄犬。
耳の毛が乱れているのがかわいいです。