『マリアージュ 神の雫 最終章1~5』2016/11/01



遊んでくれと訴える目。

家の犬たちは走るのが好きで、散歩に行っても走ろうとしてグイグイリードを引くので困っています。
トボトボと歩いている犬が多いので、目立ってしまいます。
「随分元気がいいね」と交通整理のおじさんに笑われてしまいました。 



『神の雫』の続きが出ていたのですね。
マリアージュとはワインと食事の結婚のことです。
お酒をあまり飲まない私にとって、食事にワインはなくてもいいもの。
マッチすると、とてつもなくいいらしいです・・・。

ワインの武者修行を終えて、日本に帰ってきた神咲雫は置き引きにあいお金がないことから、あるイタリアレストランでバイトをすることになります。
このレストランの向かいに料理も似ていて(パクッたから)、その割に料金が安いレストランができ、お客がそちらに流れていました。
そこで雫君の出番です。

あれ?
戦いはどうなったの?
と思っていたら、途中からでてきました。
サッサと決着をつけてほしいですわ。

この漫画はワインを飲んだ時の表現の仕方が面白いので、読んでいます。
本当に一口飲むと、このようなイメージが湧いてくるものなのでしょうか?
下戸の私にはわからない世界です。
ワインのソムリエとか評論家になるには想像力が必要なのですね。

『ゴッホとゴーギャン展』@東京都美術館2016/11/02

肌寒い中、上野に行ってきました。
西洋美術館の前には行列ができていたので、この展覧会も行列かと恐れていたのですが、それほどではありませんでしたが、それでも結構な人出でした。


アルルでゴッホとゴーギャンの同居生活はたった2ヶ月しか続かず、ゴッホが耳を切ったことで解消になり、それ以降は手紙のやり取りはあったものの、直接には会っていないそうです。

ゴーギャンの描く絵があまり好きではありません。
彼の絵には哲学的なものがあるようですが、私には訴えかけてこないのです。
ただ見たものを描いたゴッホの絵の方が、私の心に訴えかけてきます。
わかりやすいからでしょうか?

この美術展には見たことのない絵が多くあったので、よかったです。
例えば、「パイプをくわえた自画像」(1886年)。


よく出てくる自画像は明るい色調ですが、それとは違いますね。


この「靴」(1886年)という絵も初めて見ました。
結構写実的な絵も描いているんですね。

風景画ではこの1枚。


「収穫」(1888年)。
青い空と黄色い麦畑。
アルルの風景が目の前に浮かびます。


この「タマネギの皿のある静物」(1889年)も好きな一枚です。
ゴーギャンとの共同生活の破綻後に入院し、退院後すぐに取り組んだ作品だそうです。


ゴッホの絵に描かれたアーモンドの花が好きです。
「グラスに生けた花咲くアーモンドの小枝」(1888年)は、彼の中にある純なものを感じさせてくれます。


一応、ゴーギャンも載せておきます。有名な(たぶん)「タヒチの3人」(1898年)。
なんか寓話かなんかに出てくる人って感じですね。

ゴーギャンにとってゴッホは何だったのでしょうか。

ゴッホが亡くなってからタヒチにくらしていたゴーギャンが、わざわざひまわりの種を取り寄せて描いた絵があります。


「肘掛け椅子のひまわり」(1901年)。
ゴッホを思って描いた作品であろうと解説に書いてありますが、どうでしょう。
ゴーギャンの中でゴッホはそんなに大切な人だったのでしょうか?
ゴッホの片思いだったのでは?

60点ほどの作品が展示されています。
人のいない金曜日の夕方などにもう一度行って、ゆっくり見たいと思いました。


部屋で暴れる2016/11/03

我家の犬たちは大暴れ。


二匹でドタドタとやっていると思っていたら、スヌーピー小屋が動かされ、ハウスの中のクッションは外に飛び出しています。


暴れたせいで兄の耳の毛が乱れています。
今回の顔のカットは今一かな?


弟は兄にいじめられるので、自分のテリトリーの中に戻ります。
寒がっていたので、今年のお年玉袋に入っていた洋服(のようなもの)を着せました。
嫌がっていないので、そのまま着せておきます。


弟もどうやらトリミングが必要になってきたようです。

近藤史恵 『モップの精は旅に出る』2016/11/04



近藤さんの書くシリーズ物の中で好きなものの1つです。
どうもこの本が最後になるようです。

夜間にビルの清掃をやっているキリコですが、今回は英会話学校の入ったビルの清掃をやっています。
社員さんと親しくなり、その学校に起こる事件の謎を解くことになります。(第一話「深夜の歌姫」、第二話「先生のお気に入り」)
学校のいじめが随分取り上げられていますが、大人になっても同じようなことをする人がいるのは残念なことです。
「嫉妬」という感情は何歳になってもなくならないものなのですね。

第四話「ラストケース」では、キリコの姉が亡くなり、失望のキリコは夫の許しを得て、姉との間に起こったことを清算するために旅立ちます。
相変わらず夫君はキリコのことを心配しています。
心配し過ぎなのではないかと思います。
キリコはそんなにやわではないですもの。

世の中には密かな「悪意」が潜んでいます。
そんな「悪意」にからめとられないように、暮らしていきたいものです。

畠中恵 『おおあたり』2016/11/05



散歩に行くと、喉が渇いたのか、がっついて水を飲む弟犬。
飲み方が下手でいつも水を気管に入れてしまうから、ゆっくり飲めばいいのに。
兄犬は弟の勢いに負けて飲むのを躊躇しています(笑)。




しゃばけシリーズの最新刊です。

いつものことですが、若だんなは病気で床にふせっております。
幼馴染の栄吉は餡子はダメでも「辛あられ」を作って売りだし、おおあたりとなります。
しかし、嫁取りは・・・。

妖たちが栄吉の作ったお菓子で当たりを競うなんて、栄吉がかわいそうです。
ちゃんと修行をしているのにそんなにひどいものはどうやって作れるのか、疑問ですがね。
栄吉もそろそろ餡子を作るのを諦めて、おかき屋にでもなればいいのにね。

これといって新展開はありませんが、安心して読めるシリーズです。