軽井沢のフレンチ・レストラン2010/03/28


 週末に軽井沢まで行ってきました。
 ゆっくりと出かけたので、軽井沢に着いたのは2時近く。
 宿泊は星のやにしていたので、中軽井沢駅の方へ行かなくてはなりません。地図を見ていると、ガイドブックで見た記憶のあるレストラン、「エルミタージュ・ドゥ・タムラ」の前を通るようです。
 小腹が空いていたので、軽く食事をしようかということになり、入ってみることにしました。
 看板はあったのですが、目立たなかったので通り過ぎてしまいました。
 実は私、このレストランをイタリアンだとばかり思っていました。名前がフランス語ですよね。何故、イタリヤンだと思ったのでしょう?
 入ってメニューを見ると、コースしかありません。軽くパスタを食べようと思っていたのに・・・。
 相棒は早く宿に行きたいので、怒っています。
 席についてしまったので、仕方ありません。前菜2品にメインを魚か肉で選ぶ5250円のおまかせランチコースにしました。
 パンが三種類。竹墨パン(写真の右下の黒いパン)が変っています。塩や黒故障とオリーブオイル、緑色のソースをつけて食べます。


 最初に出てきたのが、サユリ(だったと思う)のサラダ仕立てです。


 このサラダを見た瞬間、相棒の機嫌が直ったのがわかりました。軽井沢の野菜をたっぷり使った料理です。野菜が美味しいです。
 二品目がイカの料理です。



 北海道のイカ飯みたいなものと思ってください。もちろん中にもち米は入っていません。何が入っているのか、私にはわかりませんが、美味しいです。
 メインは鶏肉を頼んだのですが、なくなったので、子羊になりました。フキノトウを使った料理です。(名前がわからないので、すみません)


 ソースがカレー風味。子羊の肉が柔らかくて、とっても美味しかったです。
 フレンチのソースというと、バターをたっぷり使ったものという感じですが、ここは違います。あっさりとしたソースで、野菜などの素材の美味しさを引き出しています。
 一品一品の量が多いので、メイン一種類のコースでもお腹がいっぱいになります。
 デザートは三種類から選びます。相棒はグレープフルーツのムース、私はブラマンジェにしました。
 相棒のを一匙食べてみましたが、軽い感じのムースでした。市販のムースは堅いのですが、すごく柔らかく、ほんのりグレープフルーツ風味です。ブラマンジェは牛乳の風味がきいていました。
 デザートはもう一品ありました。フルーツのスープというのでしょうか。ミントが利いていて、食事の後の口の中がすっきりしました。


 このレストランは、置いてある家具など品がよく、生花も生けられており、落ち着いた雰囲気です。


 料理を食べるまで機嫌の悪かった相棒曰く。
 「これで料理がまずかったら、発狂したよ。でも料理が美味しかったので、よかった。このレストランは、また来たいレストランの五本指に入るよ。今度は夕食に来て、ゆっくりお酒を飲みたい」
 酒飲みはどうしても酒を飲みたいようです。今回は運転があったので、お酒抜きでしたから。
 後で旅行ガイドをじっくりと見てみると、ここは軽井沢で有名なフレンチレストランだったのですね。
 また軽井沢に行くことがあったら、行きたいレストランになりました。