今村夏子 『星の子』2018/10/02



野間文芸新人賞受賞作品で本屋大賞にもノミネートされていました。

ちひろは生まれた時から病弱だったので、両親はどうにかして助けたいと思い、たまたまもらった特別な水がアトピーに効いたことから、宗教にのめり込んでいきます。
ちひろは学校ではお友達がいないけれど、宗教団体の中にはちゃんと話せるお友達がいましたし、両親のことが好きなので、家にいることが何ともありませんでしたが、姉は家から出て行き、行方不明になってしまいます。
高校に入る時期になり、親戚の家から高校に通わないかという話が持ち上がりますが・・・。

読んでいて、ちひろの純粋さと素直さに驚きます。
色々と嫌なことがあっても、親を批判せずに受け止められるのは何ででしょう。
お姉さんのように反発して、家を出ようと思わないのは何故でしょう。
こういう環境に小さい時から育つと疑問を持たない子もいるのでしょうね。

最後の親子で夜中にずっと流れ星を見ている場面は綺麗でした。
いつまでもこの親子関係が続くといいですね。
そう願わざるえません。

読みやすいのですが、内容的に今一つわかりずらいです。
この本から何かを強く信じることの幸せを感じました。



「ママちゃん、ご本ばかり読んでいないで、僕と遊んでよ」と言うような顔でふて寝をしている兄。
朝の一時だけ一緒に寝るのですが、この頃、ま横になってグースカしています。
あまりにも無防御過ぎて心配になります。

コメント

_ ミニー ― 2018/10/05 17時10分42秒

目が可愛くて思わず笑ってしまいました🎵

_ coco ― 2018/10/05 22時43分54秒

こんにちは、ミニーさん。

そうでしょ。
この目がいいでしょ(親馬鹿と笑ってください)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2018/10/02/8967804/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。