原田マハ 『旅屋おかえり』2018/10/01



題名を見た時に旅館の話かと思って読むのをやめていました。
ところが、全く違いました(笑)。

売れない30過ぎの元アイドル、”おかえり”こと丘えりかの唯一のレギュラー番組である『ちょびっ旅』が打ち切りになってしまいます。
えりかがスポンサーの名前を言い間違えて連呼してしまったため、スポンサーを怒らせてしまったのです。
彼女の所属しているよろずやプロに、所属するタレントは彼女だけ。
これでは社長も事務及び経理担当副社長も暮らしていけません。
最後の手段として、「脱ぐ」?

そんな時にえりかは大事なバッグを電車の中に置き忘れてしまいます。
そのバッグをひろってくれたのが、えりかのファンだった女性で、彼女は自分の娘のためにある依頼をしてきます。
この依頼からえりかたちはタレント業から旅の代行業「旅屋」を思いつきます。

「気がつくと、今日もまた旅をしている。
 旅が好きだ。「移動」が好きなのだ。移動している私は、なんだかとてもなごんでいる。頭も心もからっぽで、心地よい風が吹き抜けていく」

私も”おかえり”のように旅に出たいです。
停滞は心をネガティブにします。
移動していると、この言葉のようになごみます。
実際に旅に出られないので、本を読んで頭の中で移動しているのかもしれません。

心がほんわかする本です。
疲れた時や旅に出たい時に読むのがお勧めです。

今村夏子 『星の子』2018/10/02



野間文芸新人賞受賞作品で本屋大賞にもノミネートされていました。

ちひろは生まれた時から病弱だったので、両親はどうにかして助けたいと思い、たまたまもらった特別な水がアトピーに効いたことから、宗教にのめり込んでいきます。
ちひろは学校ではお友達がいないけれど、宗教団体の中にはちゃんと話せるお友達がいましたし、両親のことが好きなので、家にいることが何ともありませんでしたが、姉は家から出て行き、行方不明になってしまいます。
高校に入る時期になり、親戚の家から高校に通わないかという話が持ち上がりますが・・・。

読んでいて、ちひろの純粋さと素直さに驚きます。
色々と嫌なことがあっても、親を批判せずに受け止められるのは何ででしょう。
お姉さんのように反発して、家を出ようと思わないのは何故でしょう。
こういう環境に小さい時から育つと疑問を持たない子もいるのでしょうね。

最後の親子で夜中にずっと流れ星を見ている場面は綺麗でした。
いつまでもこの親子関係が続くといいですね。
そう願わざるえません。

読みやすいのですが、内容的に今一つわかりずらいです。
この本から何かを強く信じることの幸せを感じました。



「ママちゃん、ご本ばかり読んでいないで、僕と遊んでよ」と言うような顔でふて寝をしている兄。
朝の一時だけ一緒に寝るのですが、この頃、ま横になってグースカしています。
あまりにも無防御過ぎて心配になります。

碧野圭 『書店ガール 7 旅立ち』2018/10/03



『書店ガール』も最後となりました。
生徒たちのビブリオバトル開催を手伝う、司書教諭になった愛奈。
故郷の沼津に戻って、伯母の跡を継ぎ、ブックカフェの開業に奔走する彩加。
仙台の歴史ある書店の閉店騒動で、経営側と現場との板挟みで悩む理子。
育児も一段落し、吉祥寺の書店に戻り、店長となる亜紀。
4人がそれぞれの道を歩んでいます。

本はkindleか図書館という私は、この頃めったに書店に行かないのですが、たまには行こうかなと思いました。
でも、残念ながら私の住んでいるところの書店はこの本の中の書店のように頑張っているという感じがあまりしません。
置いてある本がつまんないんです。
こういう本もあるんだという発見する楽しみがないんです。
書店のみなさま、色々と大変ですが、頑張っておもしろい本を届けてくださいね。
応援していますから。

小路幸也 『花咲小路三丁目北角のすばるちゃん』2018/10/05

台風が過ぎたと思ったら、また台風。
大丈夫か日本列島。
この前の台風で庭の物が飛んでいました。
風は怖いですね。


花咲小路は何丁目から始まったっけ?
四丁目の聖人から始まり、一丁目の刑事、二丁目の花乃子さん、三丁目のナイトだからすばるちゃんは5番目ですね。
ひょっとすると花咲小路は三丁目までしかないのでしょうか?

すばるちゃんはお父さんもお母さんもおじいさんもおばあさんも誰も家族のいない子です。
でも、18歳で個人事業主。
おじいさんが託してくれた駐車場の管理人が仕事で、その駐車場に停めてあるシトロエンが彼の住居兼職場です。
家族がいなくても、弦さんや質屋の娘・瑠夏など花咲商店街の人たちが彼を見守ってくれています。

さて、駐車場にどんな人が車を停めに来るのでしょうか。
すばるちゃんたちがその謎を解いていきます。

次回は『花咲小路一丁目の髪結いの亭主』とのこと。
誰のこと?

石田衣良 『七つの試練 池袋ウエストゲートパークⅩⅣ』2018/10/06

兄犬は写真が嫌い。
カメラを向けると、こういう顔をする。


「何かぁ~」
せっかく買った、300円ショップの1000円の寝床なのに、もっといい顔をしなさい!


一応、顔を出してくれましたが、目が死んでいる・・・(笑)。



14冊目になった池袋ウエストゲートパーク・シリーズ。
主人公のマコトは相変わらず実家のさえない果物屋で働きながら、Gボーイズのキング・タカシが寄越す事件を裁いています。
安定のシリーズです。

今回の事件は4つ。
①未成年との飲酒兼淫行ではめられた若手俳優
②女の子の首を絞めるて快楽を求める男
③億ションの最上階で聞こえる音
④ネットでイイネをもらいたいがばかりに、七つの試練に挑戦し、怪我したり命を落したりする子ども達

四番目の話は今時の感じがしますね。
誰からも認められない子どもが、ネットでもてはやされるために無謀なことをやりそうです。
誰でもネットでは英雄になれるのが快感なんだろうなぁ。

このまま続くと、マコトもタカシもおじさんになり、おじいさんになり・・・。
どうなるんでしょうね(笑)。