山寺香 『誰もボクを見ていない なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』2018/11/01



祖父母や親を殺す少年犯罪が頻繁に起こるので驚くことがなくなり、またかとしか思わなくなってきています。

この事件は2014年埼玉県川口市で発生しましたが、残念ながら覚えていません。
殺した少年のことを当時のマスコミは詳しく報道していたのかしら?
祖父母を殺したと報道された時は、ただ単にお金が欲しいから祖父母を殺したと思ったと思います。
しかし、この本を読むと、少年の置かれていた家庭が普通ではないのがわかります。
悲惨な成育環境です。
彼が母親から引き離されていれば、このような事件は起こっていなかったでしょうに。
誰か彼の本音を引き出せる大人がいたら・・・と思います。
でも、そういう人ってなかなかいませんよね。
自分の周りに彼のような子がいるかどうか、残念ながら私には気付けませんもの。
一体どうすればいいのか・・・。
難しいことです。

自分の力の至らなさを感じつつ、出所してからの彼の人生が少しでも良くなることを心から望みます。

佐々木丸美 『雪の断章』2018/11/02

『ビブリア古書堂の事件手帖~扉子と不思議な客人たち~』で紹介されていたので読んでみました。
舞台が北海道で文体やら内容やらから三浦綾子が流行った頃のような古さを感じたので調べてみると、1975年に発表された作品のようです。
『氷点』が1965年ですから似たような時代ですかね。


孤児で施設に暮らしていた飛鳥は5歳の時に本岡家に引き取られるが、召使のような境遇だった。
娘たちの虐めに耐え切れず、家を飛び出した飛鳥はある青年に助けられる。
彼は滝杷祐也といい、本岡家に帰ろうとしない飛鳥を引取り育ててくれることとなる。
この時の飛鳥、7歳。
祐也と周囲の人々との暖かい交流で飛鳥は徐々に変わっていくが、飛鳥が高校に入学後、会社のアパートに本岡家の長女が引っ越してきたことから殺人事件が起こる。
飛鳥は殺したのは誰かを探っていくが・・・。

当時、北海道で流行ったとのことですが、全く記憶にございません。
大人の男性が7歳の孤児の女の子を引き取るなんて、ちょっと考えられないお話です。
飛鳥があまりにも頑なでかわいげがなく、今ならいじめの対象になり、不登校になりそうですね。
ミステリにはなりそこねているし、何を描きたかったのか今ひとつわからない話です。
女の子の空想をただ描いただけのような感じです。
残念ですが、私とは合わない小説でした。

島本理生 『ファーストラヴ』2018/11/03



2018年第159回直木賞受賞作品。
私が聞いたことのない作家さんだったので、芥川賞だとばかり思っていました。
映画の『ナラタージュ』の原作者だったんですね。
失礼いたしました。
この作品はミステリでしょうか?
読むのが少なからず苦痛でした。

臨床心理士の真壁由紀は女子大生・聖山環菜が義父を殺害した事件を題材とするノンフィクション本の執筆を依頼されました。
そのため環菜の面会に何回か行きますが、なかなか彼女が何故父親を殺したのかがわかりません。
一体彼女は何を隠しているのか。
少しずつ家族の関係が明らかになっていきます。

環菜の弁護士である義理の弟・我聞と由紀の関係。
環菜と両親の関係。
由紀と両親の関係。
それぞれが微妙に絡んできます。
ミステリとしてはもっとハードな内容を読んでいるので、意外性がなく、ミステリとして読むとおもしろくないかも。
といってこれは恋愛小説なのか・・・?

佐々木さんに続き、私には苦手な作家さんでした。

今村昌弘 『屍人荘の殺人』2018/11/04

またまた苦手な小説を読んでしまいました。


鮎川哲也賞と本屋大賞ノミネートなので、たいそうおもしろいのだろうと思って読んでみたら・・・。
なんで○○○がでてくるの?
ホラーか!
一応、密室殺人物なんだろうけど・・・。

大学に入り、ミステリ研究会に入ろうと思っていた葉村譲は、明智恭介に誘われ、彼の助手となり、ミステリ愛好会に入ることとなります。
明智はアルバイトとして探偵事務所でアルバイトをしたり、身の回りで起こる事件を探しては無理やり(?)入り込むことをしていました。
夏休みの八月、彼は映画研究会の合宿に同行しようとします。
断られても頓着せず、しつこく交渉するのが明智のキャラで、葉村はいつも呆れています。
今度もダメだと思っていた矢先に、剣崎比留子という女性から明智と葉村に映画研究会の合宿に一緒に行って欲しいとの依頼が・・・。

合宿に行ってみると、女の子はみな美人ばかりで、関係のなさそうなOBがやってきて・・・合宿とは名ばかり。
関係ないのに合宿にやってきた身としては彼らのペースに付き合うしかないと、バーベキューや肝試しをやっていると、やってきたのが・・・。

これ以上書くのネタばらしになるので書きませんが、疑問があります。
何故、剣崎はテロ組織のことを調べていたのか。
残念なのがこの本の主人公になると思っていた明智がすぐにいなくなってしまうことです。
そして・・・。
色々と書くと、これまたネタばらしになるので止めますわ。

○○○が出てくることが納得できれば、それなりにおもしろい本でした。
シリーズになったら一冊は続けてよむかも。

トリミングに行く2018/11/05

いつもより長く毛を切らなかったので、兄犬は顔がボッサボッサでした。
毛が目に入らないように少し切りました。
弟犬はあまり長さは気になりません。


凛々しい顔になりました。
トリミングのお店にクリスマスツリーのベッドがあったので、早いのですが買いました。


ソファの上では全く興味を示しません。
前に買った綿あめ屋は弟にやることにし、新しいツリーは兄に与えました。
弟はいつも使っているハウスではなくて、兄の臭いのついた綿あめ屋に入って寝ます。
兄はツリーの方に入っていきました。


気に入ったようです。


ちょっと小さいかしら?
でも、夜に見てみると、ちゃんと中で眠っています。


家の犬たちはどんな形でもいいようです。