青木祐子 『これは経費では落ちません! 7』2020/06/01

公立図書館で本の予約と予約した本の貸出が始まりました。
嬉しいことではありますが、本についたウィルスが心配です。
HPに新型コロナウイルスは72時間で不活性化するので、返却された本は3日間は貸出しないと書いてあります。
私は借りた本は表紙をアルコール消毒し、2・3日触らずに置いてから読んでいました。もちろん読み終わったら手を洗います。
ニュースで見たのですが、韓国の図書館では本を機械で除菌していました。
日本の図書館にはそういう機械はないのでしょうか?
今のような時には紙の本より電子書籍で貸し出した方が感染の心配をしなくていいので、この機会に電子書籍を貸し出すことを考えて欲しいです。
kindleがあったおかげで図書館が閉まっていても本屋に行かなくても、好きな本を好きな時に買えましたもの。その代わりにお金がいつも以上にかかりましたけどねぇ(笑)。



経理部の森若さんのシリーズも7巻目です。
森若さんも営業の山田太陽と付き合いだしてから大分変わってきました。
前はちょっと変わった四角四面のまじめ女という感じでしたが、今はカワイイ女という面が出てきました。

天天コーポレーションは二つの企業と合併することになり、合併に向けての調整業務で忙しくなっています。
もちろん経理部もそうですが、色々と目の利く森若さんは合併企業の一つ、トナカイ化粧品の一人で経理をやっていたという槇野のことが気になります。
トナカイ化粧品の実態は?

森若さんにも転機がやってきました。
主任にならないかと打診されたのです。
たいてい主任になる人は30歳を過ぎていますが、森若さんはまだ28歳。
それだけ期待されているということ・・・ですか?
主任になると給料がそんなに増えるわけではないのに、責任だけが増えます。
それに女性の場合、結婚や妊娠などで会社に迷惑(?)をかけることを考えると・・・。

そして、森若さんと太陽の間にも転機がやってきます。

未だに女性が管理職になる率が低い日本。
森若さんはこれからどういう道を選ぶのでしょうね。
見本になる人たちができたので、その人たちを参考にして、上手く会社で出世して欲しいものですけど、このシリーズのコンセプトに合うかしら?
前のような森若さんが好きでしたが、時は移りゆき、人は変わるもの。
仕方ないですね(笑)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2020/06/01/9253127/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。