ジャナ・デリオン 『ハートに火をつけないで』2021/10/05

10月だというのに、30℃近い日が続いています。歩いて隣町まで行き、色々とお買い物をしたいのですが、もう少し涼しくなってからにします。
東京のコロナ感染者も減ってきて、ちょっと一息できますね。
私は半年ぶりに美容室に行って髪をカットし、カラーリングをしてきました。
都心に行って人に会うのは来年までお預け。まだまだ気を抜けませんわ。


CIAの秘密工作員であるフォーチュンは、身元がバレて武器商人アーマドに命が狙われてしまい、身分を偽り、潜伏することになります。
ルイジアナ州のバイユーが流れる人口300人ほどの小さな町・シンフルで、「元ミスコン女王の司書で趣味は編み物」になんて、なれるはずないわ。
バレないように誰とも接しないで静かに暮らすつもりでしたが、町の婦人会のおばあちゃん、アイダ・ベルとガーティの二人と知り合ったことが運のつき。
1週間に1件の割合で次々と殺人事件に遭遇し、解決しちゃいます。
おばあちゃんたち、すごいですよ。

フォーチュンはあのイケメン保安官助手・カーターからディナーに誘われます。
もちろん喜んだのはアイダ・ベルとガーティたち。
フォーチュンをどう料理しようか、頑張りますが、脱毛ワックスが燃えたりと、相変わらずのポンコツぶり。
バレないように会話を控えているというのに、カーターはわざわざ遠いニューオーリンズのレストランまで行こうとします。困ったわ。
しかし友人のカフェ店員アリーの家が火事になったという連絡があり、急遽行き先変更。
アリーは無事でしたが、放火であることがわかり、心配したフォーチュンはアリーを自分の家に泊めることにします。
そしてカーターが止めるのも聞かずに、フォーチュンとアイダ・ベル、ガーティの三人は放火犯捜しを始めます。

このシリーズ、人気らしく、21巻まで出ているようです。
前巻3冊は面白かったのですが、4巻目のこの本はあまり笑えませんでした。
彼女たちのハチャメチャ振りに慣れてしまったのかしら?
1巻で1週間進むみたいですから、フォーチュンが町にいるはずの三ヶ月なら何巻?アレ、勘定が合わないですねぇ、笑。
読む本が溜まっていますが、そろそろ英語のお勉強も始めないと…。
アガサ・シリーズの次に原語で読むのはこのシリーズにしようかしら。

今回の私の推しは、フォーチュンのフッカー姿とアイダ・ベルのバイク乗りです。
アイダ・ベルは銃は撃つわ、バイクに乗るわ、悪知恵が働くわ、凄いおばあさんです。

だんだんと町に馴染んでいき、去るときのことを考えると悲しくなるフォーチュン。彼女の行く末が気になります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2021/10/05/9429630/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。