井上能理子 『家族が片づけられない』2018/02/01



仕事のし過ぎでうつになりかけ、母に誘われ東京から実家に帰ったら、そこは汚部屋だった。
母親と妹と弟の大人三人がいるはずなのに、掃除ができない人たちだったのね。
これはどうにかしなければならないと頑張る長女。
しかし、他の家族は彼女がどんなに部屋をきれいにしようが関係ない。
また部屋を汚すだけ。
すべては彼女の独り相撲だった。

結局、また家族から離れ、一人暮らしを始める。
が、自分の部屋を見ると、そこは独房のような生活感の一切ない部屋だった。

結局、人をどうにかしようと思っちゃダメなのね。
この人は私が一生懸命しているのにという意識が強くなってしまい、疲れるタイプですね。
A型気質か?

私も家事の中では掃除が一番嫌いです。
埃じゃ死なないし(笑)。
床の上には物を置かないから、問題ありません。
夫の方が物を積み重ねてますが、掃除機かけるから許してます(笑)。

なんで私がこんなにしてやっているのにと思ってはいけませんね。
私が好きでやっているんだと思わなければ。
嫌ならやらなければいいのだもの。
読みながらつくづくそう思いました。


知念実希人 『神酒クリニックで乾杯を』&『神酒クリニックで乾杯を 淡雪の記憶』2018/02/02



医療事故で患者を死なせてしまい、大学病院で働けなくなった九十九勝己は、恩師の紹介で「神酒クリニック」で働くことになります。
「神酒クリニック」は普通のクリニックではなく、世間的に有名なVIP専門の秘密の会員制クリニックでした。
院長の神酒は凄腕外科医で格闘技、色気ぷんぷんで元女優の産科医のゆかり、人の心を読める精神科医の天久翼、鬱気味の内科・麻酔科医の黒宮と個性的な面々。
彼らも九十九同様にこのクリニックで働くのにはわけがありそうです。
彼らは医療行為だけではなく、患者の病気を治すためと、他の「仕事」までやっていました。
どちらかといえば、そっちの「仕事」の方がメインかも。
医者がこんなことまでやるの、ととまどう九十九でしたが・・・。



顧客から連れられてきたのは、意識のない、全身ずぶ濡れの女性。
彼女は記憶喪失らしく、精神科医の翼が彼女の記憶を取り戻すこととなりました。
どうも翼は彼女のことが好きになったような。
遅い初恋か。

その頃、世間をにぎわしていたのがビル爆破事件。
どうもその事件と彼女はなんらかの関係がありそうです。
そういうわけで、またまたハッスルする神酒クリニックの面々です。

神酒クリニックではなくて、「神酒探偵事務所」と言った方がいいようです。
スタッフたちの意外な得意技がでてきて、笑ってしまいます。
九十九君、格闘技ファンだっただけではなく、マジシャンだったんですね。

知念さんが医師だから、もっと違う医療ミステリを求めていたのですが、ちょっと違うようです。
シリアスな物じゃなくてエンターテイメントの方に医療を使っている、いえいえ、医療はそれほどでもないか。
軽く読める内容ですので、医師でなくても書けますけどね。

次はどう暴れてくれるのか楽しみです。

中山七里 『ヒポクラテスの誓い』2018/02/03



テレビドラマの「アンナチョラル」みたいなもんかと思って読みました。
法医学って医学界では虐げられているようですが、結構おもしろいと私は思います。
そう、謎を解いていくような感じが興味持てます。
死体よりも生身の人の方が怖いといいますしね。

浦和医大の法医学教室に津久場教授の口利きで「試用期間」として入った研修医の栂野真琴は、偏屈な法医学の権威、光崎藤次郎教授とその下で働く外国人准教授・キャシーの死体好きに辟易していました。
その上、光崎は事件性のない遺体を強引に解剖します。
どうも自分の配下に置いた埼玉県警の小手川刑事に「既往症のある遺体が出たら教えろ」と指示しているようです。

光崎が次々と死体に隠された真実を明かしていくにつれ、法医学に目覚めていく栂野。
真実を知るためには周りの圧力に屈してはいけないと、頑張ります。

死体を解剖することに対して根強い反発がありますね。
私も父が亡くなった時に、兄がすぐに断りましたけど、解剖を言われた時に躊躇しました。
医学生や医学の進歩にとって必要なことだと頭では理解していても、感情面は違いますから。

法医学者としての栂野の成長が楽しみなシリーズです。



「ママしゃん、僕が死んだら、僕を解剖して下さい。その代わりに今、おやつをいっぱい下さい」  by 弟。


「僕は嫌です」
嫌、嫌とタオルに頭をつっこんだら、こんなになっちゃった。

ちゃっかり弟におっとり兄です(笑)。


近藤史恵 『インフルエンス』2018/02/04



1980年代、学校は校内暴力で荒れていた。
その頃、大阪のある団地に住んでいた少女3人は、ある事件を境にいくつかの秘密を共有することになる。
それは嫉妬からなのか、友情なのか。

作家になった女性が聞かされた30年にも渡たる物語。

ひょっとしたらこんな子たちが、あの時代にいたかもと思える話です。
全く彼女たちの心情は理解できないですがね(笑)。
イヤミスかと思えるような内容です。
近藤さんは女たちの中にある毒を描くのが上手いですね。



気分が悪くなったら、兄の顔を見ます。
「かわいいねぇ」とママは馬鹿親丸出しです(笑)。
すぐに毛が伸びちゃいます。

バーミキュラを買う2018/02/05

なんの気の迷いか、前から気になっていた無水調理鍋を買ってしまった。
ストウブを買おうかと思っていたのだけれど、日本製のがあるとわかり、やっぱり国産だねと思い切って買ってしまった。


こんな形の22㎝鍋でピンク色(今年のラッキーカラー)。
結構大きかったです。
早速ミネストローネを作ってみたのですが、レシピ通りの時間では野菜が固かったです。
もっと火を強くしなければならないのかしら?
思った以上に時間(ガス代もかな?)がかかるようですが、冬は煮物が美味しい季節。
シチューとかスープとか、美味しいですよね。
飽きっぽい私だから、どれぐらいこの鍋を活用できるかわかりませんが、しばらく使ってみますわ。


「ママさん、お願いだから、僕たちにも美味しいご飯下さい。カリカリだけでは飽きてしまいます」 by 弟犬。