『アガサ・レーズンは奥様落第』―英国の小さな村の謎112018/12/11

歩くのが大変になってからリハビリと診察のために整形外科に行きました。
脚の痛さを訴えると、OTの人は「筋肉痛ではないですか?」と聞いてきました。
いくらなんでも筋肉痛と間違うはずないでしょう。
筋肉痛は歩き始めは痛いけれど、歩いているうちに痛くなくなります。
今は歩くたびにふくらはぎと太もも、腰にまで痛みがきて、痛さで歩けなくなるのです。
そう言うと、「筋膜かしら・・・」と言って、無理に運動はしなくていいから、脚を伸ばしてつま先を上げる運動をするのでいいと言いました。
初めから言って欲しかったわ。

医師は今回は愛想がよくてびっくり。
OTに医師が怖いといったのが医師の耳に届いたのかしら?
膝付近を触り、脚を伸ばしたりして、「膝は腫れていないので、痛みは膝ではないようです。筋膜かな」とOTと同じようなことを言いました。
またしばらく様子見です。

ふくらはぎの筋を伸ばす運動を止めてから、だんだんと痛みが膝の裏側付近に落ち着いてきました。
今日は結構歩けました。
曲がった膝を治すのに堅くなった筋を伸ばすのですが、無理をして伸ばすと非常に痛い思いをするということがわかりました。
悲しいのですが、運動をしていた若い頃とはもはや身体が違うことを自覚しなくては・・・。



アガサ・レーズンは隣に住む作家のジェームズとめでたく結婚しました。
ところがジェームズは妻が料理・洗濯をし、夫のために使えるのが当たり前という昔の男だったため、結婚生活は悲惨なことになってしまいます。
トーストは焦げ、洗濯ものはピンクになり・・・。
だってアガサは仕事はできても家事なんて全くやったことがないのですもの。
仕事では自信満々でタカピーなのに、ジェームズの前では卑屈になってしまうアガサがとってもかわいそうです。
ジェームズがイライラしているのには、ある理由があったのですが、妻であるアガサには何も言いません。
ジェームズは結婚には向かないのね。

そんなある日、急にジェームズがいなくなってしまいます。
失意に沈むアガサ。
その後、彼と仲のよかった女性が殺され、ジェームズが容疑者として警察に追われることになります。
ジェームズは犯人ではないと信じるアガサは、たまたまやってきたチャールズと一緒に捜査を始めます。

最後は悲しい別れが・・・。
アガサには幸せになってもらいたいけれど、男運が悪そう。
これからどうなるのかしら?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2018/12/11/9010982/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。