トリミングとめまい2017/10/02

月1回のトリミング。


兄は耳の毛が長くなっています。
弟は耳の毛を伸ばしていたのですが、よくないので短くしてもらい、目の上の毛も切ってもらいました。
そうすると、耳と目の大きさが目立つようになりました。


こっちの方がかわいいわよね。
次回は兄の耳の毛も切ってもらおうかしら。

この前、結婚したばかりの姪が旦那さんをつれて遊びに来ました。
彼女は兄犬の大ファン。
旦那さんもかわいいと言って、撫でまわしてくれました。
弟は落ち着きがないので、待機をさせていましたが旦那さんも犬が大丈夫なようなので相手をしてもらうと、満足したのか、めずらしく大人しかったです。

犬は元気いっぱいですが、私は二週間前ぐらいから始まっためまいがだんだんとひどくなってきました。
昨夜から今朝にかけて寝返りをうつたびにめまいが起き、眠れませんでした。
前からその兆候はあったのですが、それほどひどくなかったので放っておいたら、増々ひどくなってきました。
仕方ないので、耳鼻咽喉科へ行ってきました。

1時間半ぐらい待ち、診察をしてもらいました。
①手を肩からまっすぐ伸ばし、目を閉じて30回その場足踏み②耳の中を見る検査③医師の指を見る検査④3種類の聴力検査⑤目にフレンフェル眼鏡をかけて仰向けになり、首を左右に曲げて、めまいが起こるかどうかみる検査
などをしました。

聴力は正常で、⑤の検査をした時にめまいが起こっていましたが、2回、3回と同じ動作をした時にめまいがでなかったようです。
2週間ぐらい前にめまいが出た時からめまいが出るので頭を動かさないようにしてきました。
⑤の検査で何回か同じように頭を動かすとめまいがでなくなることから、しばらく左右に頭を動かす運動をやるようにと言われました。
そうするとだんだんめまいがでなくなることがあるそうです。
はっきりとした病名は言われませんでしたが、耳石のことを言っていたので、良性発作性頭位めまいなのでしょうね。
ネットに運動がでていたので、今週末に耳鼻科にいくまでやってみますわ。
これで治らなかったら、脳神経科に行ってMRIなどを撮ってみなければならなくなります。
頭を動かすと少しくらっとしますが、ゆっくりとやってみます。

コメント

_ yoko ― 2017/10/03 08時50分00秒

いつもブログ拝見しています。私も以前cocoさんのようなめまいを経験しました。その時は頭を動かすと天井がグルグル回り、気持ち悪くなって吐いてしまいました。焦って救急車まで呼んでしまいました(^^;)

色々検査をして、良性のめまいとの診断で落ち着きました。私の場合もじっとしているより、かえって頭を動かすことを勧められ驚いたことを思い出しました。

私がめまいを起こしたときは、今から振り返ると非常にストレスを抱えていた時期でした。自分では「困難に負けてたまるか!」と言った心境でなんとか乗り切ろう、乗り切れるはず、と思っていましたが、無理しすぎていたようです・・・

cocoさんもブログからだけでも、義理のお母さんの介護、闘病、ご臨終、ご自身の新しい職場への転職、持病の通院・・・と大変な様子が垣間見えます。ご自身が思っている以上に体と心が悲鳴を上げたのかも知れませんね。

色々と難しいとは思いますが、まずはご自身の体と心を一番にいたわってあげてくださいネ。自分が元気じゃないと、自分以外の人に優しくなれませんものね。

cocoさんが、からだの不調をつい忘れてしまう時がなるべく早く来ることを心よりお祈りしています。

_ coco ― 2017/10/03 10時12分58秒

yokoさんも同じようなめまいを経験しているのですか。
もう治りましたか?

このめまいは、思い返してみると義母の病気がわかってから始まっていたような感じです。(その頃に転職までしちゃいましたから・・・)
yokoさんのおっしゃるように自分で気づかないうちにストレスをため込んでいたようです。
義母のことが一段落したので、ゆっくりと休もうとは思っていますが、これまた些細なことですが色々と起こり、まだのんびりできていません。
家に籠ることが体に悪そうなので、気分転換とストレス解消に少しずつ外に出ていくようにしようと思います。

心のこもったコメント、ありがとうございます(泣)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2017/10/02/8691915/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。