古内一絵 『女王さまの夜食カフェ マカン・マランふたたび』2017/02/01



弟が兄に話しかけても、いつも兄は顔をそむけます。
一人っ子の期間が長かったのからか、いつまでたっても弟を受け入れません。
それでもご飯は先に食べてもいいと言われても食べず、一緒に食べます。



マカン・マラン』の二作目。
ちょっときつい内容の本を読みすぎたからか(まだ全部紹介してません)、この本の中のドラッククィーン、シャールの優しさが身に染みました。

病院に入院し手術を受けたシャールが退院してきました。
マカン・マランでは常連客たちが彼を待っていました。

ふとしたきっかけでマカン・マランに来るようになった人の一人に「生きてくのって、寂しいのよ」とシャールがつぶやきます。
「どんなに思い合ってても、わからないことはたくさんあるし。親子だって、夫婦だって、恋人だってそうでしょう?」
「幸福の裏には、いつも寂寥が潜んでいるの。でも、人生ってきっとそんなものなのよ。だから、私たちは一生懸命になれるのかもしれないし」

まだ予断を許さない病状のシャールですが、彼が今のような暮らしをするようになったきっかけは病気でした。
そのために家族とは疎遠になっていたのですが・・・。

職場の人間関係や親子関係、子育てなどなかなか生きにくい世の中ですが、どこかにマカン・マランのようなホッとできるところがあるといいですね。

体にいい美味しい物を食べて、元気を養いましょう!

伊岡瞬 『代償』2017/02/02



両親と一軒家に平和に暮らしていた圭輔の生活は、遠縁の家族が近くに引越ししてきてから変わりました。
同じ小学校に通う達也が家にやってきて一緒に遊ばせられるのが嫌でしょうがなかったのです。
達也の態度が圭輔には不可解で不気味だったのです。
そんなある日、しばらく達也をあずかることになり、達也はわが物顔に振る舞うようになっていました。
そんな時に火事が起こり両親は亡くなり、圭輔は孤児となってしまいます。
達也の親たちは圭輔に一緒に暮らすようにと迫り、誰一人として頼りになる人がいなかった圭輔は同意したのですが、それは地獄の始まりでした。

過酷な生活を送っていた圭輔は同級生の寿人と彼のおじさんに救われ、長じて弁護士になっていました。
彼のところに逮捕された達也から弁護をしてほしいという依頼がきます。
迷う圭輔でしたが、弁護を引き受けてしまいます。
それが達也の狙いでした・・・。

第一部の小学生だった圭輔が達也に翻弄される様が読むに堪えられませんでした。
でも、第二部で圭輔が弁護士になり、寿人の助けを借り、事件の真相に迫っていくところでほっとしました。
世の中に絶対的な悪ってあるんですねぇ。
どういう風に圭輔たちが悪と戦っていくか、最後まで読むのを止められませんでした。

下田治美 『愛を乞うひと』2017/02/03



大田黒公園に行ってきました。
冬でも人が来ていますが、静かでのんびりできます。
紅梅と白梅が咲いていました。



この本はずっと前から評判になっていましたが、読んでみようという気になれずにいました。
たぶん、母親の子に対する暴力が強調されて紹介されているのが嫌だったのだと思います。
救いのない話だとばかり思っていましたが、今回読んでみて驚きました。
予期しない話だったからです。

台湾出身の父が亡くなってから施設に入っていた照恵は、10歳の時に別れて住んでいた母・豊子に引き取られます。
母は他の男と住んでいて、その男との間に弟がいました。
母との生活はいつ始まるかわからない暴力を恐れる毎日でした。
一旦暴力をふるい始めると母は体力が続く限り止めません。
そんな生活も高校を卒業し、会社に入ってから終わりを告げます。

母と別れ、結婚し、娘もでき、これからという時に夫が亡くなります。
しばらく娘を育てることに専念していましたが、弟が逮捕され差し入れを持ってきてほしいという警察からの電話がきっかけとなり、隠していた過去を娘に話すことになります。
話を聞いた娘は祖母への復讐として祖父の骨をさがそうと言いだします。
骨を探しを続けるうちに照恵は父の祖国、台湾まで行くことになります・・・。

家庭で虐待された子は、親になった時に親にされたのと同じように子に虐待をしがちだと言われています。
照恵が娘に暴力を振るわないのは、父や施設の方々、夫のおかげでしょうか。
書かれていませんが、母親の豊子は幼い時に虐待を受けていた可能性がありますね。
豊子の側からの話を書いたらどうなったでしょうか。
読んでみたかったです。

テレビ化や映画化をする時は、どうしても人の目を引く宣伝をしがちですが、虐待の話ではなかったんですねぇ。
照恵が自分の過去を辿る話だったんです。

『代償』と共に心に痛いけれど、救いのある本でした。

大崎梢 『本バスめぐりん。』2017/02/04



元書店員の大崎さんの書いた移動図書館にまつわる謎のお話。

会社を退職してから友人に紹介されて移動図書館の運転手になったばかりのテルさんとバスに同乗する図書館司書のウメちゃん。二人は年の差は40歳。
温厚で思慮深いテルさんと思い立つと行動の方が先になるウメちゃんはいいコンビです。
二人は団地や住宅地、ビジネス街など16か所を二週間かけて巡回し本を貸出しています。

この移動図書館にやってくる人たちのもたらす色々な謎を二人は互いに助け合い解いていきます。

バスにのせる本は三千冊。
場所柄や年代、季節などを考えて本を選んでいきます。
うまく貸し出されると、司書さんも嬉しいでしょうね。

私の住んでいる所は近くに図書館があるので移動図書餡を見たことがありません。
あるのかしら?
そういえば児童館で区の本が借りられると聞いたことがあります。
結構児童館が多いので、移動図書館の代わりなのかもしれませんね。

心が温かくなる、安心して(笑)読める本です。

高橋克彦 『ゴッホ殺人事件』2017/02/05



兄の散歩は先にして、弟と相棒と私で散歩をしました。
兄がいないのでいつもよりテンションが高い弟。
私が図書館から本を借りてきたら、弟犬は嬉しそうにリードをグイグイ引っ張ってやってきました。
こういう時はかわいいのですが・・・。



パリ在住の美術品修復家の加納由梨子は日本にいる母が自殺をし、遺品を整理している時に貸金庫の鍵を見つけます。
貸金庫には絵画のリストが1枚入っており、その中にヴィンセントという文字が書かれていました。
オルセー美術館のゴッホ専門家のキュレーター、マーゴにリストを見てもらうと、それはナチスが押収したゴッホの作品50点のリストだというのです。
彼女はゴッホは自殺ではなく意外な人物に殺されたという仮説を立てており、このリストの中の一点は彼女の仮説を裏付けるものでした。
絵画の行方を探すうちに、ナチスが押収した美術作品を探しているモサドがコンタクトをとってきたり、マーゴが殺されたりと由梨子の周りはきな臭くなっていきます。
そこに現れたのが、元恋人の塔馬双太郎。
心配した由梨子の兄が塔馬に相談したようです。

リストの絵は存在するのか。
ゴッホは自殺ではなく他殺なのか。
名探偵・塔馬双太郎がその謎を解き明かしていきます。

本は上下巻に分かれています。
上巻は由梨子がオルセー美術館のキュレーターたちと共にゴッホの謎に迫っていく様子が描かれており、下巻は塔馬が登場して謎を解いていきます。
ゴッホのことが描かれているところが一番おもしろかったです。
謎解きは今一。
犯人がしばらくしてこの人ではと予想されてしまいますし、犯人だとわかるきっかけもな~んだという感じですから。
由梨子さんの活躍も後半なくて、ちょっと残念でした。

ゴッホって稀有な魅力のある画家だという思いを強くした作品でした。