桜木紫乃 『砂上』2017/10/13

目の白目の赤さが取れないので、眼科に行きました。
ところが、主治医は学会に行ったのか、病院は休み。
仕方ないので、家の近くの病院に行くと、3人いるはずの眼科医の2人が休み。
嫌な予感が・・・。
予感は当たり、治療にあたったのは研修医あがりらしい若い医師でした。
昨年も同じような症状だったと言い、主治医は今休診でいないというと、大きな学会があるからと教えてくれました。
目を見て、少し目の中にも炎症が起きている。
目薬を2種類指しているというと、後、1種類追加して、夜は塗り薬を塗って寝るように。また明日も来てくださいとのことです。

私は主治医とタイミングが合わないようで、感染症を起こしそうな時に彼はいつもいないようです。
彼もそろそろお年なので、若い医師を探しておかなければ・・・。
どこかいい眼科はないかしら。
早めに手を打ったので、目の方は悪くならないようなので、今回はいいのですが、このまま何回も感染症を繰り返すと、いつか大変なことになりそうで心配です。



桜木さんの描く北海道の風景と、どうしようもない女が好きです。
今回は今までとは少し違う内容です。

北海道江別に住む柊令央は、元夫からの慰謝料の5万円とビストロのパートで生計を立てていました。
彼女の夢はいつか作家になること。
40歳になるというのにその夢を捨てきれず、色々な文学賞に原稿を送っていました。

ある日、元夫から呼び出され、子どもができるので、これから2万円しか送れないと言われます。
どうやって暮らして行こうかと行く末を思う令央。
そんな彼女の元にある出版社の編集者と名乗る女、小川乙三がやってきます。
彼女の言う言葉のひとつひとつが令央の心をえぐります。
令央は彼女に導かれ、何かにとりつかれた様に何回も何回も推敲を重ね、自分と自分の母のことを描き上げていくのでした。

真の小説家とは書かずにはいられない人のことなのでしょうね。
一人の孤独な書くこと以外に何のとりえもないどうしようもない女が小説家になるまでのお話です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://coco.asablo.jp/blog/2017/10/13/8704222/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。