篠有紀子 『花きゃべつひよこまめ』2018/06/01



かわった、ほんわかした漫画です。
自分とは大分違うヒロインのリカがおもしろくて読んでしまいました。

ヒロインのお母さん、リカは長い髪、ギャザースカートのようなふんわりした服装が似合う女性です。
少女が大人になった感じ。
まだ夢見るお年頃です。

娘のミキは5歳。
お父さん大好きっこで、リカさんと二人で取りあいっこしてます。
まだ子どもなので、現実と空想の世界を行ったり来たり。

お父さんの祐二は、一見、この家族の中では一番普通の人。
でも、ちょっと普通からはみ出す場面もあります。
リカさんと一緒にいるとね(笑)。
毎朝、妻と娘の行かないで攻撃に辟易してます。
でも、愛されていると思って耐えているかな?
それに、「日曜日のパパはトド」っていうのに笑ってしまいます。
仕事が大変ですが、妻や娘には仕事のことってわからないものね。
日曜日ぐらい寝ていたいですけど(笑)。

最初の方の巻では、祐二のオレ様ぶりにちょっとイラっときましたが、その後の妻と娘を愛する故の行動に笑ってしまいました。
最後はちょっと遠い(大きい)世界に行ってしまいますが、しかたない終わり方なのかもしれませんね。

そうそう、花きゃべつってカリフラワーのことです。
カリフラワーとひよこまめ、合います。

「ママ、僕と遊んでください」2018/06/02



この芽はなんの芽でしょう?

正解:ひまわり

夫はこの花が好きで、100円ショップに種があったので買ってきて、密かに庭に植えています。
庭の花壇は土が下までなく、今までシクラメンやボケ、紫陽花を植えたのに根付きませんでした。
上手く咲くでしょうか?


家の坊ちゃん犬は力持ちです。
ママがパソコン室に籠っていると、柵を動かして脱走し、ママのところまでやってきます。
柵の前には犬の粗相を拭くためのお尻拭きが入った箱が置いてあり、結構重いはずなのですが。
ママにかまってもらいたさに、火事場の馬鹿力が出るのですね。
今日は二度も脱走しました。


かまってあげると嬉しそうにはしゃぎます。
この頃、ママは忙しくて、あまり遊んであげていません。
来月には暇になると思うので、お外は暑すぎるので家の中で遊びましょうね。

川瀬七緒 『紅のアンデッド』2018/06/03

いよいよ通信教育も終わりに近づきました。
後、ひとつ、スクーリングが終われば、無事に資格が取れる・・・かな?
一応、事前にレポートを書かなければならないので、ネットや図書館で調べて書きました。(私ってお勉強が好きみたい)
この前受けたweb試験、なんとか書けたはいいけれど、受かっているかどうかは別です。
可(60点代)でいいので、単位ください、と切実に思います。



法医昆虫学者の赤堀は希望通り警視庁の正規雇用になり、科捜研を再編成した「捜査分析支援センター」に配属されました。
「捜査分析支援センター」とは、法医昆虫学と心理学(プロファイル)、技術開発部が統合された新組織ですが、それぞれに濃いキャラクターが集まったようです。
特に今回は心理学者の方が赤堀に絡んできます。

そんな頃、荻窪(だったかな?)に住んでいる高齢夫婦が何者かによって連れ去られ、まだ見つかっていません。
室内には大量の血痕と切断された三つの小指が残っていました。
不思議なことに、庭に普通では発生しないやけど虫が大量発生しています。
赤堀は蛆虫から小指の切断された日時を推察するのですが・・・。

今回の主役は蛆ちゃんたちではなくて、やけど虫。
正式名称は「アオバアリガタハネカクシ」という蟻のような形をしたオレンジ色の虫です。
日本全土に分布し、畑や水田などの湿った場所を好むそうです。
体液に有害物質を持っているので、皮膚にとまったら吹かずにそっとはらいのけるといいそうです。
赤堀先生みたいになったら嫌ですものね(笑)。
前作みたいに気持ちの悪さはそれほどではないですが、お菓子に使われている成分の話がでてきて、スーパーなんかで売っているお菓子は買えなくなります。
やっぱりちゃんとした和菓子屋とか洋菓子屋で買わないと、何を食べさせられているのかわかりませんよね。

岩楯刑事と上手くいくのかと思っていたら、進展なし。
赤堀さんの家族のことがわかっただけでもいいとして、次回作に期待しましょう。
「捜査分析支援センター」もどう事件と関わってくるのかしらね。

トリミングに行く2018/06/04

犬はほぼ一カ月に一回、毛を切りに行きます。
家で一番、身だしなみにお金をかけています(笑)。


今回は新人さんが切り、そのそばでベテランさんが見ていたそうです。
尻尾の毛が今一で、顔の毛がいつもより多いようです。


手がかわいいです。


ボーロが威力発揮。
ボーロを見せるだけで、目が大きくなります。


もうすぐ6歳のおやじです(笑)。


いつもお気楽な弟は、相変わらず舌を出します。
彼は毛の質が兄と違って、まっすぐで滅多にからまりません。
ヨーキーが毛を長くしているのは毛の質がいいからですね。


彼は何故かポーズはこの2パターンです。

トリミングで疲れたのか、この後、爆睡していました。

十三湊 『ちどり亭へようこそ 1~3』2018/06/05



兄犬はカメラを向けると顔をそむけるのに、弟は咥えていたボールを口から離し、こういう風にポーズを取ります。
どうすればママが喜ぶのか知っている?


この頃、すぐ読める、軽い本ばかり読んでいます。
筋が簡単にわかってしまいますが、それはそれで安心して読めます。
食べ物を扱い、京都などが舞台で、主人公は自分の進路について悩み、ちょっと恋物語を入れるというのが、今のライトノベルの主流なのかしら?


京都の姉小路通沿いに、仕出し弁当屋「ちどり亭」があります。
店主は二十代半ばの女性、蒔岡花柚。
彼女は毎週お見合いをするという、本人曰く、ライフワークがあります。
が、いつも断られてばかりです。
彼女は京都の由緒ある家柄のお嬢さまで、幼い頃に許婚者が決まっていたのですが、兄が家出をして行方不明になってしまったばかりに、家を継がなければならなくなり、婚約は破棄され、それからお見合い三昧になってしまったのです。
花柚は元許婚者のためにお料理を習っていたのですが、その腕を活かし、仕出し弁当屋を始めたのでした。
実は彼女、元許婚者のことを忘れられないようです。

「ちどり亭」にはアルバイトが一人いました。
京都の大学に通っている、小泉慧太。
酔っ払って道端にひっくりかえっている時に華柚に拾われて、バイトをすることになりました。
彼のことを心配した花柚から料理を習っています。

「ちどり亭」に居座る、花柚のはとこの白河美津彦は、大学院生なのですが、お金がないと言って、「ちどり亭」でいつも無銭飲食をしています。
彼は策士で色々とやってくれます。
でも、それもみんなの幸せのためで、何をやるかは本を読んでのお楽しみ。

お弁当は家族にだけ作る特別な物ですが、私は朝起きるのが苦手なので、滅多に、いえいえ、全く作りません。
夫に作ってあげた方がいいのかしら、とちょっと思いました。
(あくまでも思っただけですが・・・)。

出てくる人がみんないい人ばかりでつまりませんが、美味しそうな料理が出てくるので、文句ないです。
ご飯に酢を入れたり、はちみつを入れたりして炊くなんて、知りませんでした。
お弁当のおかずは冷めても美味しくなるように工夫されているんですね。
お料理の世界の深さを垣間見られました。